人気ブログランキング |

<   2005年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

カボチャあんぱん

初の試み、菓子パン第1弾。
カボチャあんぱんです。
a0015655_1291420.jpg









ちょっと甘く煮たかぼちゃを、クルミ入り生地でつつんであります。
オーブンは、愛しのピース君。
なんと偶然なことに、我が愛車ミニケルと同い年生まれだった。
今年17歳。

ピース君は、想像以上にシンプルで使いやすい、素敵なオーブンでした。
このピース君はパン専用にして、もう一台オーブン料理用がほしくなった。
早速ヤフーへ飛んでみたら、なんと驚きの高値を更新しているではないかっ。
私が落札した倍以上の金額で競り落とされているのに愕然。
箱までオリジナルで新品だったから高くなったんではないだろうか。
どうもショップ(雑貨屋さんとか)に展示するための落札と見た。

ちょっと前までは、9000円で出てても、私を含めて誰も見向きもしなかったのに。
伝播するんだろうか、物欲って。


今度はどんなパンを焼こうか。。
by rinpiki2004piki | 2005-07-31 01:31 | パン

デモゲーム

好きなスローガンを掲げて、デモの先頭に立つ気分を十分満喫できます。
でも、なかなか仲間が増えなくて。。
たくさんの仲間を従えてデモの先頭に立ってみたいものです。
ちなみに私が思いついたスローガンは...

『おぎやはぎ最高!!』


なんだそれ。

デモゲーム
by rinpiki2004piki | 2005-07-22 21:38 | ゲーム

中学数学知識で解ける問題

問題1

Nの2乗を120で割ると 1 余るような、120以下の正整数Nはいくつあるか。














解答・解説



。。。。
夜中に、こんなもんにはまってしまいました。
解答をみて、式があるのに愕然。
下一桁が1のnを120の倍数に1足したものと照らして、まともに計算してしまった私は、中学生以下なのであるか。。。とほ
しかも間違ってたし。ぐぐぐ。。。泣
by rinpiki2004piki | 2005-07-13 03:14 | ゲーム

ジェノベーゼパスタ  一人分強

スイートバジル 大きい葉 15枚
松の実   15g
ニンニク 1片
エキストラバージンオリーブオイル  大さじ3
ゆで汁  大さじ2〜3
パルメザンチーズ 適量
パスタ 120〜130gくらい



a0015655_14131080.jpg





















Iwataniミルサーに、パルメザンとゆで汁以外をいれてペースト状にしておく。
パスタのゆで汁を大さじ三くらいとっておく。
ゆであがった麺をボールに入れて、ペーストと粉チーズをふってまぜる。
ペーストが足らないようなら、ゆで汁加える。(あとで、麺が水分をすって乾かないように)
a0015655_14164191.jpg




















松のみの代わりに豆腐でやってみたら、案外美味しかった。
でも、こればっかりはノンオイルでやろうという気になれない。
これは完成された美味しさなのだ。

あえてやるなら


オリ−ブオイルの代わりにお豆腐(絹)5分のⅠ丁
by rinpiki2004piki | 2005-07-08 14:19 | うまいもん

パネトーネマザー酵母

CUOKAさんで購入したパネトーネマザー酵母は、何とも扱いやすい。
白神天然酵母の匂いが苦手で、割安なパネトーネに乗り換えて正解だった。
が、やっぱりイースト匂いというか、胸焼けというか、がある。

オーブンがないから、鍋で焼く。

鍋に鍋を重ねる、例のアム★上井の鍋のやり方で焼くのである。
蒸し器で発酵。
これが結構うまいこと発酵する。
でかい鍋なら、食パンケースが入るから、食パンも焼ける。

パネトーネ、といえば、イタリア原産の酵母。
昔ドンクでバイトしていた時、パネトーネなるものを始めて食べて、そのあまりの美味しさに覚えの悪い私が一度でパネトーネの名前を憶えたものである。
そういえば、ドンクのバイトは楽しかったなあ。

売れ残ったパンは、いくらでも食べてよかった。
持ってカエルのであれば定価の1割を払う。
私は、バイトが終わった後食ってくって食いまくった。
ケーキもだから、なんていいバイトにありつけたんだろう、と天にも昇る気分だった。
が、それも三日たち、4日たつと、飽きてくる。
ホールケーキも、生クリームのものでさえしつこく、イチゴや、中に挟まっている桃の部分だけ他のバイト仲間とフォークでつついて食べた。その後、丸腰状態で所々くじかれた見るも哀れなケーキは、ゴミ袋へと消えていく。慣れとは怖い。こんな罰当たりな行為も、何の衒いもなく平然と行うようになってしまうのだから。

クリスマスシーズンは、大忙しだった。
24日はピークで、25日は、残っちゃだめとばかりにめった売りである。
でも、残ってしまうのだった。
バイトたちは、好きなだけ持たされる。
私は、4つほどもらって帰った。
日持ちのいいバタークリームケーキなんて、食べたくないのだが。
帰り道、友達の家へよるのだが、デートでいない。
そのお母さんに、渡す。
「ありがとーりんちゃん」
私はさながら寂しい独り者サンタ気分であった。

それでも残ってしまった2つのケーキ。
家へ帰ると、姉が子供を連れてきていた。
「ホラーーー!ケーキだよ!!」
と渡そうとすると、姉が眉間にしわをたてて
「あっ!それ、バタークリームやろ?いらんわ。買ってあるし」
とそっけない。
姪っ子たちは不服そうである。
姉は、私の背中のリュックがパンパンに膨らんでいるのをめざとく見つけた。
そうして、おろしてもいないのに勝手にあけて、ごそごそやり始めた。
「あ、ローゲン見っけ。カンパーニュとこれちょーだいねん」
と、私が大好きなローゲンミッシュブロードとカンパーニュを持って帰ってしまった。

姉は誰に似たのか、とんでもなくちゃっかりしている。


さて、その日の夜、ばたーくりーむでぎとぎとになった私の体は休まることはなかった。
もったいないから、絶対食べ物を捨てない主義の母が、ケーキを処分することを許さなかったのである。じゃあ、当の母はさぞたくさん食ったのだろうと思いきや、彼女は持病の慢性膵臓炎という病気のおかげで、脂肪分はいっさいだめな体であった。
つまり、2つのバタークリームケーキは、ほとんど私と父ケンジとで食べねばならなかったのであった。

「おがーさん−ー、もういらんよーーー」
「もったいないね。お母さんなんて、食べたくても食べれないんだよ。あら、お父さんは?」
父ケンジは、ケーキがテーブルにのると、さっと姿をくらます。
「もうたべれないよ。気持ち悪いーー」
「そんなら、持って帰ってきたらだめだよ」

本当、そのとおりであった。
いまおもいだしても、吐きそうである。
それにしても、なんと罰当たりなことか。
いかんいかん。


それにしても、未だにクリスマスってああなんだろうか。
ちょっと、もう一回ドンクでバイトしてみたいなあ。
by rinpiki2004piki | 2005-07-08 13:22 | パン

酵母ちゃん

ついに、レーズンが発酵した。
ぷつぷつと小さな泡が立って、いい香りである。
一時、白カビが発生か?とひやっとしたが、なんとか発酵にこぎ着けた。

が、サワーだねは死んだ。
ライ麦を発酵させて更新を繰り返すこと4日目。
うんともすんとも、いわなくなった。
ご臨終であった。
難しいねえ、ライ麦のサワー酵母は。
ちょっと手抜きで、ぬるま湯を入れずに水でやったのがまずかった。
寒くて死んだのか。
神経質なこっちゃ。

あと、クランベリーがいっこうに発酵しない。
薬局で買った、食べるための砂糖入りのやつだったからかなあ。
変な、ビニールの匂いが立ち上がる。

発芽玄米が発酵しちゃったので、それをミキサーにかけて玄米酵母も培養中である。
が、これもなんだか不穏な匂い。
ぬかどこみたいな匂いだ。


思い出すのは、学生時代。
卒業の年の夏、卒論に『牛乳の変質と温度の関係について』という(なんかすごく簡単なテ―マ)研究をやっていた。
こっれがまさにシンプル。
牛乳を低温(0度冷蔵庫内)、中温(15度 インキュベータ―内)、常温(廊下)の三カ所においておいて、その最近の繁殖を調査する、という実験のために、夏休み期間ほとんど毎日のように学校の実験室に通った。
廊下のは、いわずもがな、お足が速い。
が、その腐った牛乳の中にどのような菌が繁殖しているか、PH 値はどう変化しているか、をしらべるために、 検体をとるべく、ガラスでできた細いストローみたいのでとってシャーレや、顕微鏡用のスライドガラス(っていうんだったっけ?忘れた)にとらねばならなかった。
くさってかたまってるから、 口ですって吹き出す、を繰り返していたが、うっかり吸い込んで飲み込んでしまった。

「ンガーーーゴクーーっ!」
思い切り飲んだ。
かなり飲んだ。
すぐ水道のところで吐き出したのだが、ほとんどはのみこんだ。

やばい。下痢るかもしれない。
下痢るだけならいいが、もしかしたら食中毒で倒れるかもしれない。
が、ふと何年か前の法事のときのことを思い出した。
近所の魚屋でとった刺身の中の甘エビが腐っていたらしい。
私は、隣のおばちゃんのまで二人分も食べたのだが、私ひとりだけ無事だった。
他のおじさんや父ケンジは、夜中嘔吐と下痢を発症し、なんと入院していた。
何も知らずに朝目覚めて、そういや少し胸くそ悪いなあ、と思って1階におりたら、誰もいなかったというわけだ。
病院の母から電話がかかってきて、コトの顛末を知った時には、微妙だった。
私って、鈍感なのか。
後に、動物のお医者さんという漫画で、菱沼さんがそういう体質だと知って、ほっとした。
世の中にはそういう人は普通にいるんだ。

予想した通り、実際、全く何の異変もなかった。
思い起こせば、あの時吸い込んだ腐った牛乳はヨーグルトそのものだった。
なんだ、ブルガリア菌しこまんでも、ヨーグルトはできるんじゃないか。
。。。。。。よくわからないので、試さないでください。責任持てません。

そのときの実験でわかったことを余談で付け足せば、
どんどん増えた乳酸菌は、乳糖を酸にかえながら増えていき、増えすぎると餌がなくなるから自然に淘汰されて今度はどんどん減っていく。
そうして、次に今度は乳脂肪を餌にする酪酸菌が増え始めるのである。こいつが臭い。
つまり、そこからがチーズの始まりなのであった。
ああ、私って昔から発酵させるの好きだったんだ。ははは



あまりにも話が飛躍した。
戻す。

さて。
心もとない酵母たちを見限り、自然食品の店でゲットしたりんごと甘夏で新たに酵母作りを始めた。
奴らには期待している。
とくに、りんご。
リンゴでは失敗が少なかったから、多分期待が持てる。
あと、別のパンマニアプログからの情報で、伊予かん酵母がすごく美味しいとあったので、甘夏を購入した次第である。


a0015655_1472668.jpg













一番左が発酵完了間近のレーズン酵母。
一番右のが、怪しい匂いの玄米酵母。試すのが怖い。
by rinpiki2004piki | 2005-07-08 12:56 | パン

ラジオ体操 ゲーム

もう、夜中に涎たらして笑っちゃいながらゲームしたのははじめてです。
疲れてんのかしら、私。

ラジオ体操ゲーム

くせになりそうです。
by rinpiki2004piki | 2005-07-08 01:30 | ゲーム

ラーメン屋さん ゲーム

一時期、ラーメン屋に憧れた頃があった。
屋台のラーメンである。
いとこが学生時代、ラーメン屋台を引いていたことも影響したんだと思う。
まあ、ラーメン屋台をひくというのは、並大抵のことではない。
いとこの話によれば、その筋の兄さんたちに囲まれてそれは恐ろしい思いをしたそうだ。


さて、子供たちが、こんなゲームで遊んでいるのを発見。
さっそくやってみた。

ラーメン屋さんゲーム

1回目、お客さん全員怒って帰った。
「スープが違う!!」

すっごく焦ります。
ラーメン屋さんの苦労が少ーーしわかるかな。

ちなみに、『たこ焼き屋さん』もある。
すごくストレス溜まります。
by rinpiki2004piki | 2005-07-08 01:21 | ゲーム

ついに天然酵母おこし

我が家のパン消費量はけっこうなものである。
しかし、ここに越してきたものの、近所にうまいパン屋がない。
ということで、
ヒッさしぶりに、天然酵母のパン作りをと重い腰を上げた。

以前から天然酵母のものばかりを購入して吐いたが、奴らは高い。
なぜ高いかというと、その手間が非常にかかる上、小麦粉の値段が高いからなのだ。

全粒粉及び、ライ麦粉は割高である。
しかも、奴らはふくらみが悪いため、粉代がかかる。

でも、自宅でやるなら、手間さえ惜しまなければ、結構うまいもんがつくれるのだった。

以前とっていた天然酵母は、

レーズン酵母と、リンゴ酵母、サワー酵母の三種である。
リンゴ酵母の方が、発酵力が強い。
ライ麦パンを焼くには、サワーだねでないとライ麦独特の風味がいかせない。
この、サワー酵母をとるのが一苦労だった。

ライ麦に、ぬるま湯を混ぜてどろどろにし、一日発酵させる。翌日になると発酵してふくらんでいるそれをちょっとだけとって粉と水を足して混ぜ、また翌日その発酵した中からちょっとだけとって、粉と水を足して混ぜる。これを繰り返すこと1週間。そこで始めてサワーだねとなる。
でも、まだパンを焼けないんだ。めんどくさいことこの上なしだった。
が、いったんサワー酵母を取得すると、冷凍保存が利くのである。そして、ライ麦パンはほとんど失敗なしであった。サワーだねの程よい酸味が、らいむぎにぴったりなのだ。

今、瓶の中には、レーズン、クランベリー、が発酵のときを待っている。
そうして、ボールには三日目を迎えるサワー酵母。

でも、肝心なオーブンがない。
この間、とりあえずア○ウェイの鍋(オークションで10分のⅠの値段で買ったが、それでもやっぱり高い気がする)でシフォンケーキを焼いてみたら、まあまあ焼けた。下火はちゃんとくるから、釜伸びはいいが、上火がないから、上の方の生地が焼けきってなかった。上火として、すみかなんかを置火した方がいいかもしれない。
by rinpiki2004piki | 2005-07-04 02:22 | パン

天然酵母のパン屋さん


TANE(元フィセル)
泉ヶ丘にこぎれいな店を出したTANEこと、元『フィセル』さんには、フィセル時代時々買いにいっていた。あそこのカンパーニュはうまい。でかい、重い、高い。が、うまい。ナッツやドライフルーツの入ったものも美味しい。が、さりげなく気に入っていたのは、チョコレートが入っていたフランスパンだ。いくと、チーズにまでつい手を出してしまい、出費が怖くてなかなか近寄れない店だった。
オーナーは元音響関係の人で、ギターを弾くらしいが聞いたことはない。

アリスファームキッチン
一番買いにいってる店。生協の中にも出店している。ここの天然酵母のカンパーニュや、昔風フランスパンはお気に入りで、いくと必ず購入している。

ラインハルト(最近いってないけど、あるんだろうか)
ドイツ菓子とパンのお店で、ライ麦ほぼ100%の真っ黒なプンパニッケルが買える。サワーだね。
最近ではとんとご無沙汰している。あっち方面のお店には全く行かなくなってしまった。
1日に2本しか作れないというプンパニッケルは、じっくりと蒸し焼きにしてあるから、ずしりと重い。7〜8mmの暑さにスライスしてトーストした上に、リンゴジャムを塗って食べた。

ボンビデリ
ここのクロワッサン、美味しかった。(今では食べれませんが)
あと、細長いフランスパン、美味しい。昔食べた味。外がわあばりっとしてて、中はむっちりとつまってて重め。ここのスープもおいしい。

スーフランシュ
ここは、店を一目見て『あ、ドンクで修行したんだ』とわかる店。だって、名前もおんなじだったりする。いいんだろうか?
ここの栗とくるみの練り込んである楕円型のパンが素朴で美味しい。105円。

ビロン(小松)
材料を商品名の脇に表記してくれているのが嬉しい。
昔は、レーズン酵母と生イーストを小売りしてくれたりしていた。
お店が大きくなってからはうってくれません。
国産小麦粉やライ麦類を安く分けてくれます。200円~/kg


天然酵母のパンを売っている店、他にも在るのかな。
by rinpiki2004piki | 2005-07-04 02:06 | パン